秘書を相手にプレイ

イメクラという業種は、お客様の妄想を具現化できるいわゆるオアシスのようなお店であります。女子高生を相手に淫らなプレイ、満員電車での痴漢行為、生徒と先生という禁断の立場でのプレイなどなど、男性にとって今となっては難しいシチュエーションでエッチなプレイが楽しめる唯一な場所ともなっているのです。

後、アダルトビデオで見たような奥さんや彼女にはできないといったプレイも可能となってきます。要するに、イメクラでは非日常感を思う存分味わえるということなのです。その中に、社長と秘書という間柄が楽しめる、いわゆる「秘書系」のイメクラ店というのが存在してきます。

たとえば、お客様が上司や同僚になって、OLや秘書スタイルの女性にセクハラプレイをするお店ということです。中には、取引先業者になって接待を受けるといった、一風変わったシチュエーションのプレイを楽しむ男性も中にはいるでしょう。

一般的なコース時間は90分が基本であり、これより短いとなると肝心のシチュエーションで楽しむことが難しいかと感じます。プレイする部屋自体も肝心な要素となるため、基本的には店舗型のお店が多く見受けられます。

風営法の改正から店舗型のお店が激減しているため、今となってはこういったイメクラのような店舗型のお店は大盛況といっていいかもしれません。女性に関しても、秘書系のお店であればいわゆるお姉さん系と呼ばれる女性が多く在籍しています。

少し余談になりますが、店舗型の特徴としまして隣の部屋でのプレイ中の声が漏れて聞こえたりもしてきます。これがさらに欲望を掻き立てる材料となる人がいるかと思われます。ですが、逆に他のお客様や女性の声が聞こえてくるとプレイに集中できないという人もいるはずです。

そこに関しては本当に好みが分かれてきますので、今一度注意というものが必要となってきます。まず、こういった秘書系のイメクラでのオーソドックスなプレイは、やはり「社長」と「秘書」という間柄でのプレイではないでしょうか。

そういった場合、プレイ中は常にお客様のことを「社長」と呼ぶことになり、たとえばシャワーに入る際も「社長、シャワーの準備が整いましたのでこちらへどうぞ」、といったかしこまった話し方で接客を受けることになります。

これが一番の醍醐味であり、そういった少しできる女性というものをめちゃくちゃにするといった行為が、この秘書系のプレイで遊ぶ最大の興奮材料となってくるはずです。